多重債務で苦しんでいるあなた!債務整理で借金問題を解決しましょう!

自己破産の手順

①破産の申し立て

管轄の地方裁判所に、破産申立てをします。

裁判所で厳しくチェックされ、問題がなければ受理されます。

破産申立てで、最も難関なのが申立て受理です。

この受理が終われば、9割以上の確率で、免責までたどり着けます。


②破産審尋

破産申し立て後、破産審尋という裁判官との面接があります。

免責不許可事由に該当していないかなどを質問されます。


破産決定

破産審尋後、問題がなければ破産決定がおります。

この時点では「支払不能」を認定してもらっただけなので、借金は0ではありません。


④免責審尋

破産決定後、免責審尋という裁判官との面接を行います。


⑤免責決定

免責がおりると借金が0になります。

新しい人生のスタートができるようになります。


■免責不許可事由とは?

自己破産は免責がおりなければ借金は0になりません。

免責不許可事由に該当する場合、もしかすると免責がおりないことがあります。


免責不許可事由の一例

・債権者を害する目的がある場合
・自分や他人の利益を図っている場合
・浪費やギャンブルのための借金の場合
・裁判官へ偽証を行った場合
・7年以内に免責を受けていた場合
など

法的に借金が0になるわけですから、悪用されないようチェックは厳しくなります。

支払えないから、延滞しているからといって、簡単に自己破産はできません。


アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所

借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。 アヴァンスでは、あなたにお話頂いた内容から、一番最適な解決方法をご提案いたします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
借金問題の解決はアヴァンス法務事務所で!

おおぞら司法書士事務所
おおぞら司法書士事務所

おおぞらでは全国どこからでもご相談をお受けいたします。交渉は当事務所と金融業者との間で行います。また、面談が必要な場合には当事務所から出張して、全国どこでもお伺いする事も可能です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
無料相談!全国対応!おおぞら司法書士事務所