多重債務で苦しんでいるあなた!債務整理で借金問題を解決しましょう!

改正貸金業法について

多重債務者の蔓延を防ぐ目的などから、2010年6月に貸金業法が改正されました。

簡単にいうと、借りれる金額が年収の1/3までとか、信用情報機関より貸金業者は個人の貸し付け金額を確認できるようになったりとか、配偶者に内緒で借金できなくなったとか、利息が下がった(出資法の上限金利が利息制限法の上限金利に統一)されたなどがあります。


■適正な貸金業へ

貸し金業の加入条件を決定され(条件は純資産が5000万円以上であること)貸金業者に指導をする資格を持った貸金業務取扱主任者を各営業所に置くことが義務化されました。

日本貸金業協会の支部を各都道府県に作り行き過ぎた広告や金貸しを見張り協会自ら防ぐようにします。

毎日行われる悪質な取立てを厳しく見張り防ぐ金貸しをする場合は利息などを含む合計の金額が記述された書類を交付することが義務化されました。


■行き過ぎた貸付を防止

決められた条件をクリアできる適正な信用情報機関の指定ルールが決まり貸主が借主のトータルの返済金額の残高がわかるシステムを作りました。

業者が個人にお金を貸す場合は決められた信用情報機関のデータを参照して返済できることができるか調べなくてはならなくなりました。

調査後、返済能力がないと判断された場合はお金を貸すことはできません。


■利息を適正に

出資法の上限金利を引下げて(20%)、グレーゾーン金利をやめます。

金貸しの業者としてする金貸しの利金には、契約締結のお金と債務弁済のお金も含まれます。(公租公課・ATM手数料等を除く)金貸しの利金と借りた人が保証業者に支払う保証料を合計して利息制限法の上限の利息を超過した時、超えた所につき、保証料はなしとなり、刑事罰の対象は保証業者はとなります。


電話担保金融や日賦貸金業者の特別ケースの取りやめ これまで、出資法の特別ケースとして認可されていた利息(年54.75%)は取りやめになります。


■ヤミ金融に厳しく

ヤミ金融に対しての罰則が懲役5年から10年になりました。


アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所

借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。 アヴァンスでは、あなたにお話頂いた内容から、一番最適な解決方法をご提案いたします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
借金問題の解決はアヴァンス法務事務所で!

おおぞら司法書士事務所
おおぞら司法書士事務所

おおぞらでは全国どこからでもご相談をお受けいたします。交渉は当事務所と金融業者との間で行います。また、面談が必要な場合には当事務所から出張して、全国どこでもお伺いする事も可能です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
無料相談!全国対応!おおぞら司法書士事務所